2011年10月11日

10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 実施報告

やや曇りがちでしたが好天に恵まれた挙行となりました。

参加数は当方数えで235名、後で合流した方も若干おられたようですので、概算250名といえると思います。

出発前に、スピーチを、先般あやうく冤罪被害をこうむる経験をされた矢野健一郎氏(記事@ 記事A)に、また、小沢一郎議員の「戦友」である二見伸明氏にお願いしました。

また、この日出席のご都合がつかなかったのですが、弁護士の伊東章氏より、
11月3日の日刊ゲンダイに掲載されたインタビュー記事を紹介して欲しいとのご要望をいただいていたため、私から読み上げさせていただきました。

この日出発前にすでに、小ぶりのワゴンの右翼街宣車が集合地公園の前の道路に乗りつけて拡声器でヤジを投げていました。

私から参加者の皆様に「挑発に乗ってやり返したりしないように。アホを相手にしている暇はありません」とお願い事項を声明しておきました。

 ほぼ定刻に出発。連休の中日の渋谷は非常に賑わっており、多くの人の耳目に留まったことはまちがいありません。路肩から手を振る人や、ゆきちがう車の車窓から拍手を送ってくれる方々もいて、反応は全般的に好意的であったと思います。
立ち止まってじっと見入っている歩行者もいて、これが気づきの機会を提供しているのなら何よりのことです。

演説とシュプレヒコールを交互に織り交ぜる方法で、デモの主旨を周囲に伝える方法で、担当者は小吹、矢野氏、壺井氏が交代でつとめました。演説の表現は各様ですが、ともに同じく、「これは小沢一郎氏や陸山会事件被告らの身上だけにとどまる問題ではない」ことを強く訴えました。

 また、直前に作成した配布用資料(
10-09sibuya.pdf)を歩道上で、スタッフに配っていただいたのですが、割合によく受け取ってもらえたものの、「小沢? 嫌い!」という拒否反応を示す方も数名いたそうです。

表参道の交差点から原宿方面へ向かう、デモの終盤近くになり、いったん遠ざかった右翼街宣車の諸氏がまたやってきて、口汚いヤジをたてつづけに投げてきました。デモ隊後方では、スタッフが機動し、挑発に乗らないようデモ参加者に伝達して回り、また別のスタッフは、右翼につっかかってゆこうとする参加者を羽交い絞めで抑制したそうです。ご活躍に感謝。

それにしてもこの日の妨害右翼の態度は、悪質にはちがいないのですが、間近で目を見て接した印象では、どうも本物の悪意を抱いてやってきたという感じは受けませんでした。「業務」なのでしょう。ヤジの言葉も、「お前の母ちゃんでべそ」などというしょうもないものが多く、これではデモ隊の側に同情が集まるのが当然で、われわれの株を上げるためにやってきたのかと思われるほどでした。

千代田公園にて終着、解散。妨害にまつわる事案は発生せず、ぶじ終了しました。
ただ、当方の宣伝カーに右翼のワゴンがからんでいたため、デモ隊を先導していた私がそちらの対応に回り、このため休日の人手の中に隊列が散開して、まとまりのない解消になってしまったことが、やや残念でした。

その場に残留していた方々に、今後も妨害は無視黙殺し、いっさい挑発には乗らないこと、ああいう人々も、まともな勤め口がなくて仕方がないのだからとの旨、私からあらためて強調しアナウンスしました。今後とも保たれるよう念願します。

また、この「陸山会事件不当判決糾弾」のデモは、今後も継続します。引き続きの参加を希望する方も多く、国民の社会的良心を触発する大問題であることを認識しました。

 この日の中継動画は、以下からご覧いただけます。記録を残してくださったことに深く感謝いたします。


10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ
http://www.ustream.tv/recorded/17768050



 IWJ_TOKYO1 10/08/11 10:57PM
http://www.ustream.tv/recorded/17767915






また、写真・記事もネット上に公開されました。参加者の方々の自作カンバンやプラカードがご覧いただけます。

本日、10月9日(日)  東京 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ  写真
 http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/492.html


10月9日(日) 陸山会事件 不当判決糾弾デモ 東京渋谷 【写真57枚】
http://demonstrasi.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

「マスコミが騒ぐから裁かなきゃならない」 陸山会事件判決に抗議デモhttp://tanakaryusaku.jp/2011/10/0003007

今後のデモ等開催情報は当ウェブサイトにて更新公開してまいります。

陸山会事件一審の判決の不当性をさらに強く糾弾し、冤罪による政治弾圧の再発を防止するための公論の助勢につとめる所存です。
賛同の皆様の御協働に至心より感謝いたします。

10・09渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 
実行責任者 小吹 伸一

Mail: damned-judges@goo.jp
п@: 070−5552−8284



posted by @kobukishinichi at 06:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

10・09 シュプレヒコール案


あす実施の10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 「推認で有罪」の無法裁判を糺す!

シュプレヒコール草案です。

////////////////////////////////

陸山会事件の判決は不当だ

石川知裕は無実だ

大久保隆規(たかのり)も無実だ

池田光智(みつとも)も無実だ

陸山会事件は検察のでっちあげだ

小沢一郎も秘書も無実だ

陸山会事件の判決は不当だ

裁判所は検察とグルだ

裁判官は証拠主義で判決せよ

有罪にするなら証拠を示せ

推定無罪の原則を守れ

裁判官は検察の冤罪に協力するな

裁判官は被告の権利を守れ

日本の刑事裁判は汚い

これ以上の冤罪は許さないぞ

国民は裁判所を監視するぞ

登石 郁朗(といし いくろう)は恥を知れ

 あなたに裁判官の資格はない

登石 郁郎(といし 郁郎)は検察とグルだ

三権分立を確立せよ

裁判所は被告を冤罪から守れ

/////////////////////////////

以上ですが、ほかにいいシュプレヒコールの文言の提案ありましたらお寄せください。

必ずとは申せませんが、つとめて取り入れてまいります。
(なるべく簡潔なものでお願いいたします)


ご提案、明日のご参加お待ちしております。

posted by @kobukishinichi at 08:26| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 時刻ほか詳細


0・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 「推認で有罪」の無法裁判を糺す!

 ご参加をお考えの有志の皆様、たいへんお待たせいたしました。
 以下の開催時刻にて実施いたします。


平成23年10月9日(日)
集合地 渋谷区神宮前6-20-10  

(JR渋谷駅東口・宮益坂口より出てすぐの明治通りを左へ8分)

  地 図

 みやしたこうえん 北側広場 (駅からもっとも遠い広場)
 ※駐車場あり(渋谷駐車場)

集合開始  13時 30分

集会と説明 14時

デモ出発  14時 30分 〜 所要約80分

デモコース :渋谷・宮下公園出発〜公園通り〜宮益坂〜神宮前〜代々木公園

ご参加に先立ち、次項なにとぞご了承ください。

 ・デモ行進にあたって、ヤジを投げられたり、からまれるなどの挑発を受ける場合があっても、決して相手にならず、平静を保ってください。また、デモに対するいちじるしい挑発や妨害が加えられた場合、警備の警察官を呼んで、対応を委ねてください。

 ・撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスク、色メガネなどをご準備ください。

・資金カンパはいただきません。石川知裕議員ら不当に有罪を宣告された方々の裁判支援に寄付してください。
 https://www.tokachi-ishikawa.com/support/campaign/mail.cgi

・集合地公園の使用許可は取得していますが、敷地内では、通り道を譲るなど、一般の公園利用者のご迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

 ・雨天でも実施いたします。現在の予報は「晴れ時々曇り」です。
 
・プラカード、幟など自作の持ち寄りを歓迎いたします。


証拠なし、犯罪事実に関する調書不採用、検察側の起訴罪状にも含まれない「収賄」を、裁判官の「推認」にもとづき事実とする、言語道断の暴論判決に断固抗議するべく、この日、国民の糾弾の声を上げます。

 なんら事実の裏づけなく、裁判官らの主観により一方的に犯罪を認定する、このようなことがまかり通るなら、司法への信頼は崩壊します。
人を犯罪者と認定するのに、証拠はいらないことになるのです。これでは捜査自体が無意味です。
被告が、自分は犯罪者「ではない」ことを証明できなければ有罪とされる、「疑わしきは罰する」判決が前例として容認されるなら、今後も「推定有罪」・「推認有罪」の論理によって罪を宣告される人々が続出するでしょう。

陸山会事件一審判決は、検察側の威信を守るために、裁判官らみずからが「証拠による事実認定」を放棄し、主観的な決め付けにより犯罪認定を行った、司法のモラルハザードの代表的実例です。
われわれ国民は、このようなことを絶対に容認すべきでありません。裁判官が、法に定められた証拠主義を守らないのならば、誰が誰に法を守るべきと言えるのでしょうか。

 いわゆる陸山会事件は、改革的政治家・小沢一郎議員から実権を剥奪すべく仕組まれた、既得権保持勢力による謀略との認識が、良識ある国民の間に広まりつつあります。
このような国策捜査、政治的冤罪が起こる土壌として、日本社会が今なお「三権融合」の非民主的・前近代的開化水準の状態にとどまっていることが挙げられます。

 「三権分立」が、社会の教科書に書いてあるだけの、ただの建前であり現実はそうなっていないことの危険性について、われわれ国民はたがいに注意を喚起すべきであると思います。積極的に権限を分離させる努力を払わなければ、立法、司法、行政はたやすく癒着し、既得権を保持すべく暴走します。

国権の保持者が、検察行政を指揮して邪魔者を冤罪に陥れ、マスコミが協力して汚名を流し、裁判所が検察との合作で有罪に仕立て上げる、という仕組みの中で、標的にされた人間にいかなる抵抗ができるでしょうか。
権力犯罪の横行に気づき、その横暴に抗議する国民の応援がなければ、陸山会事件にとどまらず、犠牲者はなおも、いつまでも続きます。

「陸山会事件一審判決は不当につき糾弾する」の呼号に賛同される皆様の、参加ご協働を切に求める次第です。東京・渋谷にてお待ち申し上げております。


10・09渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 

実行責任者 小吹 伸一

Mail: damned-judges@goo.jp
 п@: 070−5552−8284


posted by @kobukishinichi at 08:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

【10・09渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 「推認で有罪」の無法裁判を糺す! 】 実施します。

平成23年10月9日(日)、 陸山会事件第一審における不当な有罪判決を糾弾する国民デモを、東京渋谷にて挙行いたします。

デモ主題 : 10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 「推認で有罪」の無法裁判を糺す!


「水谷建設からの裏金受領」を、証拠に基づくことなく、裁判官の主観により事実と認定する、おそるべき暴挙の判決が9月26日、登石郁朗裁判長ら東京地裁裁判官により下されました。

証拠なくして犯罪を認定することが許されるなら、もはや裁判自体が無意味です。冤罪から被告を救済することは、まったく不可能になります。

このような無法の判決を、われわれ国民がよしとするなら、同様の「推認有罪」の犠牲になるのは、次はわれわれ国民自身でしょう。今般の、いわゆる陸山会事件における一審判決は、小沢一郎議員もと秘書の石川知裕議員、大久保隆規氏や池田光智氏らに対してのみにとどまらず、例外なくすべての国民に対しての、裁判における人権保障の否定につながるもの、と認識します。

残念ながら、現在の日本は、いまだ民主化運動を必要とする前近代的国家であると言わざるをえません。

私ども国民有志は、陸山会事件一審の不当判決および裁判官らに対し、糾弾の街頭行動を行います。
また、検察行政権力と司法裁判の結託が横行し、冤罪から被告を守る機能が実質的に効力を発揮していない、三権分立未確立の現状への抗議を、あわせて行います。

賛同する皆様のご参加を募ります。共に抗議の声を上げましょう。


実施予定(集会実施や出発時刻など未確定です。更新情報を御参照ください)

平成23年10月9日(日)

集合時刻 15時頃(調整中)

デモ出発時刻 16時頃(調整中)

デモコース :渋谷・宮下公園出発〜公園通り〜宮益坂〜神宮前〜代々木公園沿路


開催情報を当ウェブサイトにて更新してまいります。御確認のほどよろしくお願いいたします。


10・09渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 

実行責任者 小吹 伸一

Mail: damned-judges@goo.jp

п@: 070−5552−8284




posted by @kobukishinichi at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。