2011年10月05日

10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 時刻ほか詳細


0・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 「推認で有罪」の無法裁判を糺す!

 ご参加をお考えの有志の皆様、たいへんお待たせいたしました。
 以下の開催時刻にて実施いたします。


平成23年10月9日(日)
集合地 渋谷区神宮前6-20-10  

(JR渋谷駅東口・宮益坂口より出てすぐの明治通りを左へ8分)

  地 図

 みやしたこうえん 北側広場 (駅からもっとも遠い広場)
 ※駐車場あり(渋谷駐車場)

集合開始  13時 30分

集会と説明 14時

デモ出発  14時 30分 〜 所要約80分

デモコース :渋谷・宮下公園出発〜公園通り〜宮益坂〜神宮前〜代々木公園

ご参加に先立ち、次項なにとぞご了承ください。

 ・デモ行進にあたって、ヤジを投げられたり、からまれるなどの挑発を受ける場合があっても、決して相手にならず、平静を保ってください。また、デモに対するいちじるしい挑発や妨害が加えられた場合、警備の警察官を呼んで、対応を委ねてください。

 ・撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスク、色メガネなどをご準備ください。

・資金カンパはいただきません。石川知裕議員ら不当に有罪を宣告された方々の裁判支援に寄付してください。
 https://www.tokachi-ishikawa.com/support/campaign/mail.cgi

・集合地公園の使用許可は取得していますが、敷地内では、通り道を譲るなど、一般の公園利用者のご迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

 ・雨天でも実施いたします。現在の予報は「晴れ時々曇り」です。
 
・プラカード、幟など自作の持ち寄りを歓迎いたします。


証拠なし、犯罪事実に関する調書不採用、検察側の起訴罪状にも含まれない「収賄」を、裁判官の「推認」にもとづき事実とする、言語道断の暴論判決に断固抗議するべく、この日、国民の糾弾の声を上げます。

 なんら事実の裏づけなく、裁判官らの主観により一方的に犯罪を認定する、このようなことがまかり通るなら、司法への信頼は崩壊します。
人を犯罪者と認定するのに、証拠はいらないことになるのです。これでは捜査自体が無意味です。
被告が、自分は犯罪者「ではない」ことを証明できなければ有罪とされる、「疑わしきは罰する」判決が前例として容認されるなら、今後も「推定有罪」・「推認有罪」の論理によって罪を宣告される人々が続出するでしょう。

陸山会事件一審判決は、検察側の威信を守るために、裁判官らみずからが「証拠による事実認定」を放棄し、主観的な決め付けにより犯罪認定を行った、司法のモラルハザードの代表的実例です。
われわれ国民は、このようなことを絶対に容認すべきでありません。裁判官が、法に定められた証拠主義を守らないのならば、誰が誰に法を守るべきと言えるのでしょうか。

 いわゆる陸山会事件は、改革的政治家・小沢一郎議員から実権を剥奪すべく仕組まれた、既得権保持勢力による謀略との認識が、良識ある国民の間に広まりつつあります。
このような国策捜査、政治的冤罪が起こる土壌として、日本社会が今なお「三権融合」の非民主的・前近代的開化水準の状態にとどまっていることが挙げられます。

 「三権分立」が、社会の教科書に書いてあるだけの、ただの建前であり現実はそうなっていないことの危険性について、われわれ国民はたがいに注意を喚起すべきであると思います。積極的に権限を分離させる努力を払わなければ、立法、司法、行政はたやすく癒着し、既得権を保持すべく暴走します。

国権の保持者が、検察行政を指揮して邪魔者を冤罪に陥れ、マスコミが協力して汚名を流し、裁判所が検察との合作で有罪に仕立て上げる、という仕組みの中で、標的にされた人間にいかなる抵抗ができるでしょうか。
権力犯罪の横行に気づき、その横暴に抗議する国民の応援がなければ、陸山会事件にとどまらず、犠牲者はなおも、いつまでも続きます。

「陸山会事件一審判決は不当につき糾弾する」の呼号に賛同される皆様の、参加ご協働を切に求める次第です。東京・渋谷にてお待ち申し上げております。


10・09渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 

実行責任者 小吹 伸一

Mail: damned-judges@goo.jp
 п@: 070−5552−8284


posted by @kobukishinichi at 08:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

toshimakiyaと申します。

日本国憲法前文1項

「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」

民主主義国家の一市民として、是非、参加させていただきたいと思います!

義憤と厳粛な気持ちと共に、当日を楽しみにしております^^
Posted by toshimakiya at 2011年10月07日 00:37
国も大手メディア(テレビ、新聞)もマスゴミ(記者クラブ)も経団連も検察も警察も学者も犯罪を犯し責任を取らないようだ。対抗するにはあまりにも敵は巨大だ。大人は腹をくくろう!自分だけ安全地帯じゃ倒せない。権力に潰されるのなら徹底抗戦だ!

(ガンジーのように非暴力にですよ!責任を取らせましょう)
Posted by kiyo at 2011年10月08日 07:52
父は県警の警察官でした。冤罪も疑われた人に問題があると思った時も
ありました。出来ればそういう人たち、加害者にしても被害者にしても
関わりを持たないのが一番だと考えていました。日本海に一人で歩くと
人さらいに会うから行くなとも言われていました。そんな時代を生きて
来ました。

今回の陸山会の事件も、マスコミ報道しか見ていなければ、反小沢に鞍
換えしていたでしょう。自民党時代から小沢さんを支持していましたが、
秘書が逮捕された際は、本当に自分の信念が揺らぎました。

今は皆さまの様に強い信念をお持ちの皆さまに良い影響を受けている毎日
です。みなさん、本当にお疲れ様です。

私の様に、消極的に支持する人も多いと思います。それはあまりにも報道
に影響を受けて、仕事や、毎日にかまけて真実を知ろうとしない人々が
本当に多くいるからです。両親を説得するのも一苦労なのですが、一歩
一歩、真実を周りに伝えていきたいと思っています。

本日はお疲れ様でした。
Posted by 隠れ広島県人 at 2011年10月10日 21:37
父は県警の警察官でした。冤罪も疑われた人に問題があると思った時も
ありました。出来ればそういう人たち、加害者にしても被害者にしても
関わりを持たないのが一番だと考えていました。日本海に一人で歩くと
人さらいに会うから行くなとも言われていました。そんな時代を生きて
来ました。

今回の陸山会の事件も、マスコミ報道しか見ていなければ、反小沢に鞍
換えしていたでしょう。自民党時代から小沢さんを支持していましたが、
秘書が逮捕された際は、本当に自分の信念が揺らぎました。

今は皆さまの様に強い信念をお持ちの皆さまに良い影響を受けている毎日
です。みなさん、本当にお疲れ様です。

私の様に、消極的に支持する人も多いと思います。それはあまりにも報道
に影響を受けて、仕事や、毎日にかまけて真実を知ろうとしない人々が
本当に多くいるからです。両親を説得するのも一苦労なのですが、一歩
一歩、真実を周りに伝えていきたいと思っています。

本日はお疲れ様でした。
Posted by 隠れ広島県人 at 2011年10月10日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。